足の疲れや浮腫み用マッサージ法


■■ 足のケアしていますか?むくみや疲れを残さないマッサージ法 ■■

夏は気にするけど、冬場の足はちょっと放っておかれがち

むくみやかかとのひび割れなど、血行不良からくる症状を見て見ぬふりしている人も多いのではないでしょうか?

足は毎日、体の全体重を支えながら頑張っています

そこで今回は、毎日頑張る足の疲れを残さないように簡単なセルフケアの方法をご紹介します^^

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

最初に簡単な足の構造を学んじゃいましょう

(1) つま先をあげる時などに使う「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」
※脛骨(すねの骨)の横にあります。

(2) ふくらはぎの筋肉「腓腹筋(ひふくきん)」

(3) 足裏のアーチを支える「足底筋膜(そくていきんまく)」

疲れのないきれいな美脚を目指すには、この3つの筋肉と部位をしっかりとマッサージしましょう

とはいえ足は筋肉量の多い部分、自分の指でマッサージしていると結構疲れてしまいますので、楽にできる方法をお伝えしますね

・脛、ふくらはぎ、足裏全部に共通する楽なほぐし方としては

 ・軽くたたく

 ・両手でつつむように保持し、骨から離すように引っ張る

などのマッサージ法が向いています

それぞれの部位別ですと

 ・前脛骨筋 → 片足正座(かかとをお尻の下に敷く)で後ろに倒れるようにしてストレッチ

 ・腓腹筋 → 片足あぐらで、もう一方の足のかかとで踏んでマッサージする

足裏なら → 肘で強くもみほぐす

などの方法があります

マッサージをする自分が疲れてしまっては本末転倒なので、なるべく楽にできる方法でほぐしてあげてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です