タバタプロトコルを取り入れた準備体操 ~ 家でできる簡単な運動として

自宅でできる簡単な運動法

こんにちは、水道橋の整体院フォレストの院長よこやまです^^

新型コロナウィルスの感染予防で、ご自宅にいる人も多いと思います。

自宅で自粛も慣れてきて、「ちょっと体を動かしたいな~」と思ったけど、普段運動していないからどうやっていいかわからない!?

そんなときのために、短時間で効果が得られるTABATAプロトコルを利用した

「体作りのための準備体操」

をご紹介します。

タバタプロトコルってなに!?

今回ご紹介する「タバタプロトコルを取り入れた準備体操」ですが、やり方は簡単ですので簡単にできると思います。

コツは

20秒体を動かして、10秒休憩する」

この手順を守ること!

タバタプロトコル(タバタトレーニング)は本来

「2分~3分で疲労困憊する」

くらいの強度(マジきつい!吐きそうっ!!くらいの強度)でトレーニングをします。

そうすると、無酸素性のエネルギーと有酸素系のエネルギーの生産能力が向上する(つまり100メートル走も42.195キロのマラソンも早くなる!)という、一挙両得なトレーニング法です。

詳しくは

立命館大学 学園通信 タバタトレーニング特集

や、

タバタ式トレーニング 扶桑社

で知ることができますよ^^

運動できる体作りのためのメニュー ~準備体操編~

今回の準備体操編はとっても軽い運動となっており、本来はタバタトレーニングとは言えないんですが、

まずは体を動かす習慣をつけていただくために、体全体を動かせるようにプログラムを組んでみました。

1、膝回し 20秒 10秒休み

2、腰回し 20秒 10秒休み

3、上体回し 20秒 10秒休み

4、体側伸ばし 20秒 10秒休み

5、腕を広げて胸を開く 20秒 10秒休み

6、伸脚 20秒 10秒休み

7、屈伸 20秒 10秒休み

8、ジャンプ 終了 (お疲れさまでした)

運動強度は徐々に上げていく予定ですので、まずは1週間取り組んでみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA